スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MADO - ウィンドウビルダー -

新しいツールが発売されました。

MADO - ウィンドウビルダー -

ウィンドウを作るツールらしいです。

オープニング画面や会話画面、
ステータス表示など4種類のデザインを別々に設定できるため
ゲームウィンドウの自由度が大きく高まります。
(ツクールストアより)

プラグインが本体のような気もしますが自前シーンでは当然使えないでしょう。
ただ中身は単純でしょうし、バリエーション増やすくらいはちょこちょこっと弄れば問題ないでしょう。

GUI画面デザインプラグイン

割と有名なプラグイン
こちらは位置とサイズを決められるGUIデザインプラグインですが
合わせて使えばそれなりにいろんな事ができるようになりそうです。

ウィンドウの調整は難しくはないですが、
ひたすらめんどくさくて作業量が多いのでツールでラクができるといいですね。
プレイヤーはウィンドウの飾りなんかあんま見てない気もしますが。
スポンサーサイト

スチームパンク

スチームパンク素材集を買いました。
日本版デジカには来てない洋モノです。

スチームパンク

上のはサンプルマップを参考に作りました。
構成がほぼ変わってないですがエフェクトやら調整やら32*32化やら何やらいろいろやってます。
やってる事自体はいつも通りなんですが・・・

$9.9なんで日本円だと1000円ちょっとです。
単体で使うには厳しい分量なので例によってエンシェント辺りと組み合わせるのがおすすめです。

やっぱり洋


最近は主にこっちを見てます。

http://www.rpgmakerweb.com/products/graphics

海外フォーラムもそれなりに見てはいますが、
規約が判然としないものも多いのであまり使っていません。
ただ中にはユルめのものもあったりなかったり。

デジカ側で対応してくれれば一番いいんですが、
チェックするのに時間がかかったりするんだろうか。

戦闘モーション拡張スクリプトについて

MV用「戦闘モーション拡張スクリプト」ですが、
エラーが出るようですので、8000ピクセルを上限とさせて下さい。
いろいろ考えたのですが、これを何とかしようとしてムチャをするより、
上限を決めておいた方がよいと思いますので、これは修正しません。
(ログとか出した方がいいのかもしれませんが、どうせ止まるので・・・)

黒い四角になっちゃうよ!という方は画像サイズを小さくして頂くのが手っ取り早いです。
モーションカラーでモーション同士を繋げる事もできますので、
よっぽど特殊な事をやったり、超デカいキャラを描かない限りは大丈夫だと思います。

今はレオノーラのマップをずっと描いてます。

エンシェントダンジョン・ジャングル

AncientDungeonsJungle を買いました。
http://www.rpgmakerweb.com/a/graphics/ancient-dungeons-jungle

名前の通り「エンシェントダンジョン・タイルセット素材集」の系統ですが、
今回はデジカさんに来る前に買いました。
何と規約がデジカさんで買うよりユルいそうです!(未確認)
ウディタでも使えそうですが、この辺はちゃんと訳して確認してみて下さい。
Libの頭ではムリでした!

◆南米ジャブロー
中身を見てみると「A1,A5,B,B(2),C,C(2),D,E」と7枚あります。
構成がかなり変わっていて、
大物の一品モノがあったり、
川の水の部分を透明で抜いた差分があったりします。
約半数が植物でバリエーションがかなり豊富です。

モチーフとしては「古代マヤ文明」とか「マチュピチュ」とか
そういう感じの南米系のあったかい地方にあるジャングル、
というカンジですが、
ちょっと東南アジア風のテイストも入ってるかもしれません。
この辺はちゃんと勉強したワケではないのでそんな感じです!

遺跡の建物を突き抜けた木とか
崩れかけた建造物がいいカンジに入っています。

◆シャア
キャラクターは大体お決まりの宝箱やら扉やらですが、
デカい滝の素材がありました。
あんまり大量に置くと落ちそうですが、
ピンポイントに1個2個置く程度なら問題ないのかな?と思います。
まあアニメパターン数が少ないので思ったほどインパクトはないんですが・・・
ちなみに自分はこのテのアニメはもう外部ツールを使って作ってるので
あんま使わなかったりします。

◆総評
トータルで見てエンシェントダンジョンよりダンジョンっぽいものが多くなっています。
街は・・・作れないと見てよいでしょう。
むしろこっちの方がダンジョンっぽいです。
普通の内装系素材はほぼ無いです。

先に発売されている『エンシェントダンジョン』と補完しあう形になっていて、
(モチーフをバラけさせると自然とそうなるんですが)
合わせて使うと大体のマップは作成できそうです。
ちょっと高めですがクオリティ自体は文句なく良い出来です。
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。