スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素材集レビュー その6









ロイヤル・タイルセット素材集

セールをやっていたので買っちゃいました。
steamでは確か$9.9だったので500円だと珍しくこちらの方が安いですね。
まあその内$1で売られるんでしょうが・・・
「豪華な城内が作れる!」という触れ込みのロイヤルタイルセット素材集です。

◆グラフィック・タイルセット
解凍してみて「アレッ?」と思うくらいスカs・・・
もとい、チップセットに余裕があります。
A~Eトータルで見て大体4割くらい空いてます。
中をよく見てみると、A5とBは完全に詰まっていて、
他はどこも空いています。
壁タイルに意匠を凝らすようなものが多く、
クオリティ自体はかなり高いです。

A5が詰まっているのはオートタイルの仕様から外れたものが多いためで、
この辺りもXPから続いてきたシステムの限界を感じさせます。
4*2くらいでまとめて選択して張り付けるようなものが殆どですが、
問題はこの縦4の大きさで、
これはどう足掻いても壁の高さを4にするしか無く、
ちょっと背が高いナァ・・・と感じました。
デフォルトの32*32のキャラだと尚更そう感じるので、
FSM規格(XP)くらいのキャラが適正のように見えます。
利点としてはループで貼り付けられる所が挙げられます。
壁にそのまま張り付けまくっても違和感を感じません。

モチーフに関してはお城という事で
甲冑やら金ピカの燭台やら高そうな絵画やら鹿の頭やら・・・
豪華な感じのものが大半です。
廃城にあるような薄汚れた感じのものはありません。
ダンジョンの城ではなく拠点としての城を作るためのものだと思います。
(やってできない事も無いですが。)

庭が造れそうな植え込みやら植物もありました。
植物は色合いがキレイで描き込みも素晴らしいので、
使えそうです。

全体的に見て使い道がわからないチップはほぼ無いのですが、
「使い方」が難しいものが多いです。
例えば甲冑なんかだと
後ろのタイルBのチップと甲冑(=タイルB)の画像を重ね合わせたもの
(イベントを置きたくないときによく使う手ですが。)&さらにその足元のチップ
というよく意味のわからない組み合わせがなされているものがあります。
タイルB同士だけを画像的に重ねるだけなら分かるのですが、
足元は地面タイル=タイルAなので、
画像的に重ねて一つのチップにする意味は無いはずです。
ちょっとこの辺の処理には疑問を感じました。

追記:未確認ですが元々VX用に作製された素材なのかもしれません。
    影を描くために足元のチップも含めたのかも・・・?

◆グラフィック・キャラチップ
扉と噴水です。
それだけです。
書く事がありません。(´Д`;)ヾ
噴水はかなり小さいものです。

◆総評
個々のクオリティは高いですが、
もうちょっと数的に頑張って欲しかった!
というのが正直な感想です。
ただ、西洋風の内装はRTPで補完できる所も多いので、
致命的に全く足りない!という程ではないです。
そのまま貼り付けてもクオリティがアップするのは間違いないので、
余計な事は考えたくない人にピッタリです。

チップの重ね合わせについてはもうちょっと修正の余地があると思います。
まあこれも自力でいくらでもやれるのですが、
素材集単体で見た場合、面倒事は少ないに越した事はありません。
その辺の加工だとか切り貼りを面倒に感じなければ
十分使っていける素材でしょう。

オススメ度:★★★
富豪度:★★★★★
スポンサーサイト

少女@オンライン 戦闘



少女@オンラインより、戦闘画面

パッと見れば大体分かるのですが、いわゆるXP風戦闘スクリプトです。
おなじみですネ。
この辺は大幅に変わっていません。
MPはありますが魔法は当然使えません。
補助スキルに使う「マインドポイント」か何かでしょう!
基本的にはソードスキルで攻撃していきます。

今回はお気に入りのメンバーでまとめてみました。

左から
・主人公
 メンバーからは外せない仕様ですが、使用武器に制限が無いので
 何を選ぶかによって役目が変わってきます。
 名前は変えられます。

・シリカ
 応援が強い!全体回復にTP回復にHPリジェネというチート性能です。
 武器は短剣ですがデバフ系がそこそこあるのでボス戦向きです。
 ピナは・・・?

・リズ
 骨が打属性に弱いという仕様のおかげで
 前の仕様のとあるボス戦(アニメで端折られたアイツ)でとても役に立つ!
 ・・・はずだったんですがデバッグする前に仕様が変わっちゃいました!
 低コストで打てるダイアストロフィズムもかなり弱体化されてしまいました。
 元ネタ的にはそうでもないはずなのにゲーム的に組み込んでいくと
 結構な強キャラになるという不思議なキャラでした。
 PTに入れてるのは単にデフォルメのグラがカワイイからです!

・リーファ
 この娘も出てきます。
 が!使用武器が片手剣・・・
 高確率で主人公使用武器とかぶってしまいます。
 なんとなくPTに入れてます。

・アスナ
 ターンベースRPGで速度重視って
 どんなに頑張っても「そのターン最速で動ける」のが限界だったりします。
 いわゆる「ファストエフェクト」ですネ。
 逆に言えばどんなに早かろうが2回も3回も余計に動けたりしません。
 さらに一番早いキャラって回復役に回される事が多分にあったりします。
 細剣もそんなに・・・何か不遇・・・なのかな?

次バージョンの体験版もそろそろ更新されると思います。

詳しい情報は
ゆりうさぎ
さんのブログにもあります。(※18禁注意)

少女@オンライン



自作の方はメニュー作業ばっかりで晒しても全く面白くないので、
現在お手伝いさせて頂いている同人ゲーの話でもします。(´Д`;)ヾ

SSは少女@オンライン(※18禁注意!)の体験版過去バージョンのものですが、
この街(ミーシェ)、無くなりました!お蔵入りです!
ゲームの構造が丸っきり変わっているので多分復活は無いと思いマス。
ストーリーの流れ的には再利用しても問題ないですが・・・

加工して丸階段を作ったり、壁の木枠を作るのに珍しくドットを打ったり、
結構手を入れたんですが、お蔵入りです!
木枠を入れて壁の密度を確保するやり方はシェア、フリー問わず今後も使いたい所です。

ちなみにこのゲームはスクリプトやレベルデザインなど他の部分でもかなり関わってます。

今作ってるものの話3



最近はずっとメニュー関連の作業をやってました。
今回はスクリプトからウィンドウからほぼ全ての箇所を弄っています。

この辺のセンスが無いので、
コンシューマゲームのメニューを参考にしています。

これはステータス画面ですが、装備スロットを選ぶと・・・



アクターのグラフィックがスライドし、装備を選択できるようになります。
これのおかげでステータス画面と装備変更画面が統一されてしまいました。
左上の表示が丸っきりデフォルトのままだったり、右上の余白が気になったり、
アクセサリの表記が"Ace"だったりと
まだまだ調整の予知があるのですが、概ねこんな感じです。

装備に+1と付いてますが、
いわゆる「ランダムエンチャント」です。

この辺はスクリプトを丸ごと「アララト村」から引き継いでますが、
改修して前のようにムチャクチャな性能が付いたりはしません。
同系統の性能が重複して付いたり、(20回とか30回攻撃とか・・・)
全く役に立たない性能が付いたりもしません。
付く数も抑え気味で、「バニラ」状態のものがかなり手に入ります。
合成と性能の消去も多分ありません。

理由は、やはりバランスが死ぬ程取り辛くなるのと、
装備アイテムの管理が煩雑になる事です。

前みたいにムチャな事にならなければいいんですが・・・(・ω・)

FSM

ドットズレ

みんな大好きREFMAP素材のコレ。
前ツイッターにも張ったんですが、これデフォルトなんですよネ。
つまりこのタイルセットをそのまま使ってる人は、みんな1ドットズレてます。
ウディタで使ってる人も多分同様です。
右の方の岩も似たような用途で使うために誰にも気付かれなかったのかもしれません。
下地も殆どの場合草地なので余計気付きにくかったという・・・

画像のグリッドは32*32でツールはGIMPを使ってます。
GIMPには「グリッドにスナップする」という
1ドットや2ドット程度のマウスカーソルのズレを
グリッド線の位置に補正してくれる機能があるので重宝してます。
自分がチップセットを作る時は大体コレでやってます。
スナップすると、チップを切り貼りする時こういう1,2ドット程度の
位置ズレが起こる可能性は殆ど無くなりますし、
初期設定の状態でPNGファイルを扱いやすいというのもあります。

ドット自体を打つのはやや面倒ですが、フォトショを使う程ではないナァという方には
オススメかもしれません。

イベントリプレイスクリプトに関して

こちらで配布している、
http://librpg.zatunen.com/
「イベントリプレイスクリプト」に関して規約を変更します。
今後は必ず「readmeに」明記するようにして下さい。

そこそこ(主にエロゲに)使われてはいるようなのですが、
readmeに明記が無いと需要の調査がやりにくいのと、
ちゃんと規約が守られているかどうか判断が難しいためです。
特に商用だとエンディングまでプレイするのが大変なので、
readmeに限定させて頂きたいと思いマス。

ただ周知が難しいため、
現在発売済みの作品等に関しては「知った時点以降にリリースした作品およびバージョン更新に関して」
は明記をお願いします。
readmeに明記が無いのでDLSiteに更新申請しなきゃ!みたいな事はしなくても構いませんが、
他のバージョンアップや修正を行った場合はreadmeに明記して下さい。
簡単に言えば何かの"ついで"に修正して頂ければ結構です。

今作ってるものの話2



アニメーションに関しては丸々新規のシステムを作りました。
どこかにあったループアニメのシステムでも大体同じ事ができるかもしれません。
ただ、一個一個の粒子を動かすようなアニメーションが凄まじく大変なので、
最近付属のエフェクトエディタはあんまり使っていません。
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。