FC2ブログ

MVかVXAceか

MVの方がスクリプト素材は確かに多いように見えます。
ただし、ほとんどの場合フリー素材ですし「動かない可能性」を考慮してないんですよね。

「素材の数=検索で引っかかる数」

ではなく

「素材の数=正常に動作する数」

と見るべきです。
つまり「稼働率」を考慮に入れるべきであって
「ググって出てくる数が多いから素材も多いんだ!」とはならないんですよ・・・
動かないものばかりなら意味はありませんからね。

プラグインはツクールのリリース初期ほど制作が盛り上がって、時間が経つほど落ち着いてきます。
初期の更新の影響で動かなくなってしまうとそのまま放置されてしまう可能性も高く、
MVの初期バージョンが安定しなかった影響が稼働率に出ているんじゃないかなぁと思います。

逆に初期から安定していたVXAceは素材の数が少なくても稼働率が高いので、
「使える素材」の数で見ると逆転している可能性もあるわけです。
スポンサーサイト



マップの大きさについて

Lib的なイメージです。
あくまでイメージなので参考程度に。

20*20 ちいさめ
30*30 やや大きめ
40*40 でかい(外観でつかう)
50*50 でかすぎる(たまにダンジョンでつかう)
60*60 超ビッグ
100*100 もはやげんかい(使ったことない)

街のイメージです。
内装だと大体25~31程度が多いのでこんなもんです。

今まで納品したマップの傾向も同様です。
最近の傾向として外観もシェイプアップする方向です。
あんまり広くても仕方ないですし。
必要施設から逆算してどうしても足りない場合は広げますが、
50*50が一つの境目かな?と思います。

特にMVは読み込み時間という問題が発生するため、
あんまりデカいのはオススメしません。
当然VXAceでも発生する問題ですが、1チップが小さいので読み込み時間的には有利です。

さくらのサーバーについて

MVのサンプルプロジェクトを置いてあったサーバーを解約しました。
まだしばらくはアクセスできますが、そのうち消えます。
ブログやサイト側はそのままなので引き続きお楽しみ(?)下さい。

ブラウザのゲームを作る予定もありませんし、
テストとしてもイマイチ置いておく理由が無くなったためです。

回線の具合にもよるのでやっぱりブラウザは・・・厳しいかなぁ・・・
普通の人はせいぜい家庭用のネット環境とスマホの回線くらいしか持ってないはずなので、
チェックがあんまりできないんですよね・・・
アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク