FC2ブログ

素材集レビュー その2



※転載厳禁

■RPGツクールDSグラフィック&音楽素材集

◆オーディオ
RPGツクールDSのアマゾン特装版(以下アマゾン版)に収録されたものと基本的には同じものです。
曲数も同じです。
内容自体はクオリティ、汎用性共に高く使い応えがありそうなものばかりです。
ただ、前述したアマゾン版を入手した方(Libもそうですが。)にはオトク感がなく、
コレを買うのを渋っていた理由の一つです。
ちなみにSEとBGSは収録されていません。

◆グラフィック・バトラー
これが使いたかった!という方も多いかもしれません。
とにかくツクールDSは容量制限がめちゃくちゃキツく、
ちょっとカッコイイドラゴンなんか出そうものなら街が作れなくなるくらい
ギチギチだったのです。
ツクールDS+が発売された時「アレがようやく使えるのか!」とか思ってたら
中身が現代&SF風に変わっていたという・・・w
絵柄が似ているため、AceのRTPと混ぜても違和感が無いのも有難いです。
サキュバスのエロさはこちらの方が断然上です!
POP版も収録されています。

◆グラフィック・キャラクター
マップチップが収録されているため、
当然それを補完、アニメーションするためのキャラクター素材もあります。
ただ、基本的にRTPをリテイクした体のものが多く、
あえてこちらを使う程ではないかな?というモノが多いです。
顔グラフィックに対応したキャラクターは一通り収録されています。
これもツクールブログで配布されていたものでしょう。
(現在は配布終了)

◆グラフィック・顔
皆川史生氏が描かれた顔グラフィックが収録されています。
アウトラインが太く、影も薄いため携帯ゲーム機では見栄えがするのですが、
高解像度のPCでは精細な感じがあまりありません。
そのため、絵師は同じなのにRTPと混ぜると若干違和感があります。(RTPも皆川史生氏)
こちらもアマゾン版に収録されていたものと同じです。

◆グラフィック・ピクチャ
いつものバストアップグラフィックに加え、
アイテムアイコンに対応したピクチャが収録されています。
アイコンをグラフィック化した素材はLibが知る限りではコレしかありません。
(元グラフィックからアイコン作ってるのかもしれませんが。)

◆グラフィック・システム
スルーされてるのかなぁと思ってたら収録されてました。
アイコンのセットとウィンドウの素材です。
ウィンドウはちょっとだけ豪奢な感じになるかも?
アイコンはごくごく普通ですね。
数の少なさがツクールDSの容量のキツさを物語ってますが・・・
FF風のページ送り指カーソルは意外と欲しい人が多いかも?

◆グラフィック・タイルセット
全体の特徴としてはAタイルの数が少ないのと
タイルパターンが多用され色数が抑えられている事が挙げられます。
これも容量と解像度の問題と思われます。
つまり技術的にはVX系よりXPに近く、
混ぜると案外上手くいくんじゃないかと思ったりします。
見た目的にもXPとVXの中間的なカンジになっています。

DSのコンセプト上(初心者向け)、使い道に困るようなチップも少なく、
かつマップ上のオブジェの密度を確保するのが楽な傾向にあります。

問題はチップの割り振りで、
デフォルト画像のままA~Eに割り振っていくと
必ず「何かが足りない」状態になりがちですので、
切り貼りして自分でタイルセットの画像を作るのをオススメします。

中にはチップの規則をガン無視した丸い洞窟のような素材があったり
Aceと共通とおぼしきチップがあったり、
ナナメの壁が入っていたりと
なかなか面白い構成になっています。

また、屋根のチップが結構充実しています。
FSM製チップとは違い、Aタイルとそれ以下のチップを
組み合わせる必要が少ない仕様となっているようです。

内装に関してもややこしい使い方が必要なものは無いです。
大きめの階段や黒板のチップなど
変り種もありますが数は控えめとなっています。
種類自体はさほど多くなくスキマも結構あるため、
切り貼りは必要でしょう。

◆オマケ
オマケフォルダが付いていました。
Aceプロジェクトでサンプルマップを見る事ができます。
Ace付属のサンプルマップとは違い、
そのままでゲームが作れるようなものでなく
1画面分でチップの使い方の一例のような感じです。

他に謎のアイコン群など。

チップを組み合わせたTileB~Dの画像が付いていました。
ひょっとしたら本体よりこっちを使った方がいいかも・・・('∇';)

◆総評
リリースされている素材集の中では断トツに総量が多く、
かつクオリティも確保されています。
ただ、やっぱりDSアマゾン版の存在が・・・
顔グラフィックとBGMを持っているとオトク感はそれほど無いかも?
全体的に見て組み易いのは間違いないと思います。
欲を言えば各素材を分割してリリースして欲しかった・・・
それならチップと敵グラフィックだけ買ったと思います。

オススメ度:★★★
アマゾン度:★★★★★
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク