FC2ブログ

Prominence3D

Dolls更新作業のついでにProminence3Dをいろいろ弄っていたのですが、
若干(というかかなり?)問題も見えてきました。
ちょっと前回とかぶる内容もあるのでご容赦下さい。

まずやはり、というかProminenceからあまり変わっていないのが、
「特定の位置に向かって移動する処理」が非常にニガテだということです。
時間と移動速度を計算して何fpsどの方向に動かせばいいのか?を
自分で計算すればやってやれない事はないのですが、
非常にメンドクサイですし、途中で動く方向を変える事もできません。
別ノードにして切り替える、みたいな方法でこちらもやれない事もないですが・・・

二つ目に「画像データとして出力した場合のスケール感がわかりにくい」という事も挙げられます。
2Dゲームでの最終出力データはカメラを調整して何度かリテイクする必要が絶対にあります。
確実です。
コレ一発で決められる人は超ゴイスーだと思います。
エフェクトというのは必ず対象物があるものですが、要はその対象物との比較が全くできないのです。
一応画像サイズの枠らしきものはあるのですが・・・

この点はツクールのアニメーションツールが上回っている数少ない利点だと思います。
対象物がありますから。
3Dのゲームならノードを一つ作ってキャラモデルを表示させれば比較できますが、
2Dではカメラの距離がスケールに影響してくるのでそうそう上手くはいきません。
Prominence3D上で見えているキャラと実際のゲーム中のキャラの(見える)サイズが違うので
比較する事自体ほぼ無意味だからです。
相対的な大きさの差は見えますが、キャラに合わせてエフェクトを大きくしようものなら
画像が粗くなるのは目に見えています。
2D表示にすれば実寸で出せるのかなぁ・・・

三つ目に「avi出力が使いにくい」という点です。
aviで出力するとアルファチャンネルが無く、黒枠が付いてしまうのです。
アルファチャンネル対応の可逆性コーデックに変えてもムリでした。
最終手段として未圧縮で出力もしてみましたが、
aviutlとogvを作成するツールのどちらで確認しても24bitのRGBカラーとしか認識しませんでした。
おそらく元々入ってないのだと思います。

Dollsの一部エフェクトにムービーを使用しようと思ったのですが、
今回は元データが対応されていないようなので残念ながら断念しました。

後日メールで問い合わせたところアルファチャンネルが無いのは仕様のようです。(´・ω・`)

まあツクールのムービー再生コマンドは何か止まるから使わない方がいいヨ、
という話もチラホラ聞くのでコレはコレでいいのかなぁと言えなくもないです。
コーデック同士が競合するというウワサもありますし、
多分コーデックの問題だと思いますが
動画に関しては超が付くくらいド素人なので断言はできません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク