FC2ブログ

MVを触ってみた結果

海外デジカさんの方で体験版(というか一定期間が来たら使えなくなるアレ)がリリースされたので、
土日で弄ってました。

で、感じた事を書いてみます。

◆インターフェースはほぼ変更なし
こういう部分はシリーズを重ねるごとに改善されていく分野なのでほぼ問題ありません。
英語でも大体分かりますし、アイコンでも何となくわかります。
Aceから大きな変更もありません。
ただ、スクリプトエディタは内包されていないので、
外部のテキストエディタを拾ってくる必要があります。

◆スクリプ素材の管理は簡単に
素材自体のオン/オフがエディタ側で設定できるため、
調整コードを描く必要がありません。
意外と便利です。

◆マップ
マップSS出力機能はいまひとつです。
実寸だと良かったんですが、解像度は半分になってしまいます。
うーんこれは何のための機能なんだろう?
あと、なにげにマップの最大サイズが256*256になってしまいました。
512(500だったっけ?)はあまり見たことがないのでこれはさほど大きな問題ではないでしょう。
ワールドマップを作るとちょっと気になるのかも?

チップ素材も今までとちょっとテイストが変わってる気がします。
チップの側面より上面が大きく描かれているものが多いような・・・

ただ、レイヤーっぽい事ができるようになってるよ!
という話をチラホラ聞くのでそっちに期待してます。
まだ試してません。

◆データベースも変化ナシ
一番変わらなかったのはココかな?
特徴システムはよく出来てましたし、あえて変える必要は無いでしょう。
付属のキャラジェネレータはよくできていて、
バトルに必要なものもキッチリ出力してくれますし、
顔グラフィックも自然な角度になってかなり改善が見られます

◆戦闘
逆に一番変化が大きかったのはココです。
フロントビューはいっそ切ってしまってもよかったのかも?

ただ、ターゲット選択時の点滅がわかりにくかったり、
敵のグラフィックを直接クリックしても反応が無かったり
若干調整が必要かな?という部分もあります。


全体的にみて感じたのは「意外と変わってない」でした!
確かにサイドビュー戦闘等は新しい要素ですが、
これも言ってしまえばビジュアル的な変化であって、根本自体はさほど変わっていないと言えるでしょう。
そこに来てキャラジェネレータが進化したのはすごく助かります。

ちなみに本サイト側(http://librpg.zatunen.com/mv.html)にちょっとしたMV用プラグイン素材を置いておきます。
本当にちょっとしたものですがよければどうぞ。

というわけでもうちょっと弄ってみます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
最新記事
最新コメント
ツイッター
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク